前歯に隙間ができる原因は?

前歯は、その人の印象を決める決め手になることがあります。

前歯2本の間に隙間があると、その隙間が印象に残り、マイナスのイメージが付いてしまうことも。

子供のうちは愛嬌に見えても、大人になれば、愛嬌とは言ってくれません。

就職時、また、転職時、その前歯の隙間がマイナスイメージとなり、ダメージにつながることも少なくないのです。

なぜ、前歯2本の間に、隙間ができるのでしょうか?原因は、何でしょうか?原因について、調べてみたいと思います。

前歯が外に向かって斜めに生え、その間に隙間ができるのは、よくあることだそうです。

実は、前歯は外側に向かい、斜めに生えてくるのが正常で、乳歯から永久歯へと生え変わる時期に起こる症状の一つで、何ら、問題はないそうです。

永久歯へと生え変わるこの時期は、一般的には、歯並びの悪い、醜いアヒルの子の時期であると呼ばれております。

徐々に生えそろっていくと外側に向かっていた歯が押され、自然とまっすぐになって隙間が閉じることを、生まれたときは醜いアヒルだった鳥が、成長するに従い、白い白鳥となったことを例え、こう呼ばれているのです。

ですが、成長に伴い隙間が自然と閉じない場合に関しては、別の問題、原因が生じておりますので、早めに、歯科医を訪ね、相談されることをおすすめします。

>

参考サイト:http://kyousei-research.org/

神経質に考えることはありませんが、 歯は一生使うものです。

なるべくなら、子供には、綺麗な歯並びをプレゼントしてやりたい。

そう思いませんか?

少しでも気になる点があるときは、歯科医に相談されることをおすすめします。